Discover 東京グルメ
 
 墨田区京島

  京島は関東大震災及び戦災を免れたため、戦前からの古い建物が残ります。

  ○ ハト屋パン店
  ○ キラキラ橘商店街
  ○ 田丸神社


ハト屋パン店 墨田区京島3-23-10 03-4288-8918

 コッペパン専門店の「ハト屋」です。

     

     

 「ポチもほしがるハト屋のパン」です。

   

<メニュー>
 プレーン170円、定番コッペ220円〜250円、惣菜コッペ350円、フレンチトースト650円
 パト屋トートバッグ980円
 モーニングサービスあり 月〜木6:30-8:30 飲み物付350円

    

     

<購入>
 イチゴジャムコッペ(220円)とカスタードクリームコッペ(220円)を購入。
 注文してからジャムをペーストして出来上がり。
 一口食べると、ジャムが多いので、はみ出てきて手がジャムだらけになります。美味しいイチゴジャムです。
 バニラビーンズが目に見えるカスタードクリームで、こちらも美味しい。
 購入時に、こぼして服を汚さないようにねと注意を受けましたが、納得です。

    


キラキラ橘商店街 墨田区京島3丁目・4丁目 HP

 関東大震災・東京大空襲の被害にあわなかった商店街です。
 キラキラ橘商店街の「橘」とは、映画館「橘館」があったことに由来し、戦前は商店街のある通りは「橘館通り」と呼ばれていました。

     

 「下町人情キラキラ橘商店街」(正式名称「向島橘銀座商店街協同組合」)

    

 「帰ってきたキューピッドガールズ」
  商店街のアラフォーアイドルの顔だしパネルです。

  


田丸神社 墨田区京島3-44-14

 キラキラ橘商店街の入口、曳舟たから通り沿に「原公園」「田丸神社」があります。
 「財のたまる」「幸のたまる」「難を逃げる」田丸神社としてあがめられています。

<由来>

(掲示)
「田丸神社由来
明治三十八年冬他界した妻の言葉で「父が以前行った事のある所に宝財として土地を求めよ」に従いそこを訪れたところ昔はその栄を物語るも手入れもされず、樹木でおい茂り、中央に池がある荒れ果てた土地があった。
あまりにもひどくあきめんとしたが去るには地相が如何にも捨て難く、購入し地盛り古い池の埋立をしたところ、年を越したころには緑が茂るようになった。この土地の北隅の樹木の小陰に所があり、塵埃をはらい四辺を清め、心からのお祠りをし永世の奉りを誓った。その夜枕辺に稲荷の主神咲栃の神がおたちになり、静かな声で「忠よ汝は善く我安居を清めてくれました、その厚き志に感謝し貯財の道を教えましょう。北半里を出ない中に水田があり土地を求めなさい。そこの地を開けば多くの人がここに居を求め人の為、又家運の為にもなり無上の幸福があなたに訪れるでしょう」の言葉を言い残し幻の如く闇に消えました。
その声、裳の姿、畳障子の音までも私の目、耳底にのこり夢と思うも夢でなくその夜は眠ることもできずに夜を明かした。翌年三十九年にそのお告げの通り今の地に咲栃の神をお祠りしたところ多くの方が今日居をかまえられた。
その土地こそが、現在のこの地である。
それ以来大正十二年九月一日の大震災又戦災も逃れ、咲栃の神の言に従って開かれた土地は栄え家々は日に日に盛運に進みその神徳に感謝してもしきれないものである。
  原忠三郎 謹書より
以後、今にいたるまで「財のたまる」「幸のたまる」「難を逃れる」田丸神社としてあがめられている。」

    

<拝殿/本殿>

    

<地蔵堂>

 堂内には「戦災殉難者之霊」碑と地蔵尊。

  

<石碑>

   


戻る
inserted by FC2 system